会社案内

会社概要

富士無線機材は、富士通グループの協力会社として、通信機器およびコンピューターなどに使用される精密プラスチックモールド品の製造・関連加工作業を受け持っています。

会社概要
社名 富士無線機材株式会社
代表取締役 高原利光
創業 昭和17年
設立 昭和37年12月15日
資本金 1,500万円
従業員数 21名
事業内容

通信機器、電子機器、
家庭電気、音響機器、
事務機器、写真機器用各種、
プラスチックモールド品他。

所在地

樹脂成形 アッセンブリ工場
〒298-0216
千葉県夷隅郡大多喜町大多喜230
TEL:0470-82-2531(代表)
FAX:0470-82-3512

株式会社 高原製作所

金属加工工場
第1工場 千葉県いすみ市松丸309
第2工場 千葉県いすみ市松丸308

主要取引先 富士通グループ、富士通フロンテック株式会社
および関連グループ会社
バルブメーカー各社、設備機械メーカー各社、
検査機器メーカー各社、医療機器メーカー各社
家具メーカー各社、文房具メーカー各社、
自動車メーカー各社

 

会社沿革

昭和17年 東京都八王子に八王子通信機製造所を創立し、電波探知機(S88)の製造を開始、赤羽兵器に納入。
昭和18年 軍の要請により、現在地に工場を疎開移転。
昭和21年 有限会社富士無線と社名を改め、プラスチック部品の製造を開始。
昭和37年 社名および組織を現在の富士無線機材株式会社に改組。
昭和41年 富士通グループの協力工場の指定を受け、交換機部品およびその他電気通信機器部品開始。
昭和42年 資本金1,000万円に増資。
昭和42年 資本金1,500万円に増資。
昭和48年 電話交換機内装部品開始。
昭和52年 電話機内外装部品開始。
昭和56年 OA関連部品開始。
昭和60年 OA、ファクシミリ、プリンター、パーソナルコンピューター部品、自動車電話機開始。
昭和62年 OAキーボード、ファクシミリ、ワープロ、OA関係全ての内外部品開始。
平成元年 工場増築。
ページの先頭へ戻る